SHIINBLOG

毎日成長ブログ

映画、音楽、旅行、ご飯、お金の話が好きです!毎日の出来事を記事にします。

仮想通貨取引所比較 Zaifを利用するメリット、デメリット

こんばんは!

今日は仮想通貨取引所

Zaifを利用するメリットとデメリットを上げていきたいと思います。

 

取引所Zaifについて

zaifを運営しているのはテックビューロと言う株式会社です。最近ではCOMSAで話題になった会社でもあります。

耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか?

会社の代表取締役は朝山貴生さんでtwitterでも情報を発信しています。仮想通貨に関する重要なことをRTしていたりするのでフォローしておくといいかもしれません。

twitter.com

 

Zaifを利用するメリット

 

では実際にZaifが他の取引所と比べて何がすぐれているのかを紹介したいと思います。

ZAifの優れている点は多くありますが、僕が特段優れているなと思った点を二つ上げます。

 

まず一つ目

取引手数料がマイナス

 

Zaifは取引手数料がマイナスです。これはどういう意味かと言うと、取引するたびに自分にお金が入ってくるということになります。

しかもこのマイナス手数料、つい先日更にマイナスになりました。

以前は手数料がマイナス0.01%だったのですが、10月13日よりマイナス0.05%に下げられました。

これにより取引する度に今までの五倍のお金をもらうことが可能になりました。

 

美味しい話すぎます。

少し怪しいなと思う方もいると思うので、なぜこのようにマイナスの手数料にしているか調べたところ、会社の目標として、以下のような内容が掲げられていました。

 

 

弊社テックビューロ株式会社は、当初より数年間は利益なしにビットコインのインフラ整備に尽力するというビジネスプランが前提で、それに対する理解の元、著名ベンチャーキャピタルであるNTVPより多額の資金調達をしております。よって、弊社で実施するマイナス手数料などのキャンペーン費用が、弊社の経営を圧迫したり、お客様の預かり金を侵食することはありません。また、お客様の預かり金が弊社の経営資金として流用されることはありません。

 

なるほど、まずはインフラ整備に重点を置いて経営を行っていくという目的があるようです。

マイナスの手数料は利用者にとってありがたい話ですよね。この点はZaifを利用する大きなメリットと言えるでしょう。

 

Zaifコイン積み立てを利用できる

 

Zaifを利用する二つ目のメリットにZaifコイン積み立てと言うものがあります。

これは自動積み立てを申し込むと、毎月申し込んだ金額を自動的に引き落としてくれて、毎日自動でコインを購入してくれます。

これを利用することで大暴落でもない限り、安定した収入が見込めることになります。

以下Zaif引用

 

Zaifコイン積立は、一定金額を買い続ける、「ドル・コスト平均法」による投資の一種です。
相場が上がっても下がっても一定額で買付けを続ける方法ですので、価格が上がったときは高値掴みを避けて少ない量を買い、価格が下がったときは安く多くの量を買うことができる、という考え方となり、ローリスクではありますが、長期的・継続的に積み立て保有することによりしっかりと利益を確定するタイミングを待つことができるのが最大のメリットと言えるでしょう。

ハイリスクハイリターンを目指すものではなく、長期投資でのリスク軽減と、安定した収益を目指すためのものですので、必ずしも万人におすすめするものではありません。
しかしながら「ビットコインや暗号通貨には将来性を感じるが、ハイリスクな投資・投機的な手法は避けたい」という方には特におすすめです。

ドルコスト平均法により、値が高い点で購入したことがあっても値が低い点で多く購入することによって平均購入単価を低くすることが可能になります。

 

仮想通貨に将来性を感じるけどまだ自信をもって売買ができないという方にお勧めです。

自分で勉強しながら少額を預けておくと、気付いたら少しずつお金が増えていくかもしれません。

 

以上二点Zaifを利用するメリットでした。

続いてZaifを利用するデメリットもしっかり把握しておきましょう。

 

Zaifを利用するデメリット

 

Zaifを利用するデメリットは二つあります。

 

 

アルトコインが少ない

 

まず一つ目、アルトコインが少ないです。

どうしても一番初めに開設するであろうcoincheckと比較してしまいがちなのですが、coincheckであの通貨が好きなんだけどZaifだと購入できないのかー。ということがたまにあります。

アルトコインを扱う基準が取引所ごとにあるのだと思いますが、この点は少し残念です。利用者からすれば多いに越したことはないですからね。

その代わりZaifでしか扱いの無いZaifトークンが購入できたりといったメリットがあるのも確かです。

www.mainichiseicho.xyz

 

 

サイトがわかりずらい

 

そして二つ目に、サイトがパッと見で分かりにくいです。

まず一番上に表示される通知が多かったりと、丁寧なのですが初めて見るとこれは何なんだろう、と戸惑ってしまうかもしれません。

f:id:t__ken:20171023161315p:plain

チャートも普通のページと別画面で開けて、もう少しわかりやすいといいかなと感じました。

 

まとめ

以上が簡単なZaifを利用するメリットとデメリットのまとめでした。

どの取引所もメリットとデメリットがありますが、マイナスの手数料は他にない強みなのかなと感じています。また、COMSA,Zaifトークンなどで、自分は将来性を感じているので、解説しておいて損の無い取引所だと思います。

 

こちらから簡単3ステップで開設できます。↓

 

Zaifに限らず、仮想通貨は取引所を持っていないと購入できないものなので、複数の取引所を持っていると便利かもしれないですね。

 

以上「仮想通貨取引所比較 Zaifを利用するメリット、デメリット」でした!