SHIINBLOG

僕の成長ブログ

映画、ご飯、お金の話など、気になった情報や、役に立った情報、面白かったものやことを紹介していきます!きっとあなたの役に立つよ!

僕の成長ブログ

AIで仕事がなくなる?10年後も残っている仕事は?仕事がなくなったらどうすれば!?これからの時代がわかる一冊

お久しぶりです。

 

近年AIの進歩に伴い、便利な世の中への期待が高まりつつありますよね。

あらゆる物の無人化によるコスト削減や、人間よりも正確で迅速な作業に期待が高まります。

 

しかし一方で、AIによって仕事がなくなってしまうのではないか?

なんていう点が疑問としてあがってくるようになってきました。

 

  • これからの時代「AI」によって仕事がなくなってしまうのでしょうか?
  • 仕事がなくなってしまうのなら、自分たち人間は、これから何をして生活をすれば良いのでしょうか

少子高齢化や不況に伴い、今まで以上に個人の稼ぎが重要視される今、AIによって仕事を奪われてしまっては、どうしようもありません。

 

そんな疑問が生じたことから、今話題の書籍を読んで見ることにしました。

堀江貴文さんと落合陽一さんによる、

「10年後の仕事図鑑」という本です。

 

タイトルの通り、まさに今の自分にぴったりの本の様です。

 

落合陽一さんの書籍は以前「これからの世界を作る仲間たちへ」を読みました。

www.mainichiseicho.xyz

この書籍も近代の技術や、これからの 時代についての理解が深まる一冊でした。

 

堀江貴文さんの書籍は以前「多動力」を呼んだのですが、記事にしていませんでした。

 「多動力」は、堀江さんの性格、考えをド直球に受け取ることのできる一冊です。

堀江さんのぶれない勢いに、別次元の話と感じてしまう部分もありましたが、モチベーションアップには間違いなくなる一冊です。

 

「両者とも癖が強そうだけど、どんな一冊になるのだろう」

なんて感じながらさっそく読んだので、レビューしていきたいと思います。

 

10年後の仕事図鑑で分かること。

「10年後の仕事図鑑」では、これからの「仕事、会社、お金、幸福、教育」等のテーマに関して、堀江隆文さんと落合陽一さんそれぞれのポイントで、本が進んでいきます。

 

購入前は、対話形式の書籍化と思っていたのですが、

対話形式ではなく、両者の意見が、それぞれのチャプターで区切られている構成でした。

 

例えるならば、両者それぞれの書籍を、テーマ毎に分けて一冊にしたようなものです。

 

ですので、それぞれのチャプターで両者の考えをとても強く受け取ることができます。

  • 仕事がなくなったらどうすれば?

と言う自分の疑問にも、両者それぞれの視点で、明確な考えが述べられていました。

 

 

また、「AIによって、10年後はこの仕事が無くなる、残る」と言った話だけでなく、

既に現在、どういった技術でどんなサービスが生まれていて、各業界ではこんな状況になっている。

と言った最新の技術やサービスを、サービスの名称を挙げて解説しているので、直ぐにググってサービスを利用することもできますし、最新の情報を吸収できるのも読んでいて興味深い部分でした。

 

 

10年後の仕事図鑑で興味深かったフレーズ

これからの仕事と、これからの社会の変化についての答えが明確に記されていた一冊でしたが、これからの時代を考える上で、印象に残ったフレーズがあったので、いくつか抜粋したいと思います。

 

p56,l12

多くの人は、好きになってから没頭するものだと思いがちだが、現実は違う。他のことも何もかも忘れて「没頭する」。この境地を経て初めて、「好き」の感情が芽生えてくるのだ。

 これは堀江さんのチャプターで、深く共感した一節でした。

好きなことで稼ぐなんて言うと、好きなことだけ初めからやるように感じてしまいますが、そういったものがない人は、何かに「没頭」して、そして好きになるというのが良いようですね。

確かに、何かに没頭した結果大好きなものになった経験があるのを思い出しました。

 

 

p35,l6

会社における労働は、”湯婆婆に名前を奪われる”のに等しい

 p36

もし、エジソンが会社員だったら、彼の発明した蓄音機も〇〇会社の蓄音機として認知されてしまうことになる。

 

これは落合さんのチャプターでのタイトルなのですが、グサッと刺さる一説でした。

例え会社で成功しても、その成功は会社の成功にしかなりません。

会社が無くなるかもしれない今、会社の功績ばかり上げていいことがあるのか?

自分の価値を高める必要があるのではないか?と考えるきっかけとなる一節でした。

 

まとめ

まさに今の自分にぴったりの本でしたので、読んでよかったです。

  • これからの仕事
  • これからの社会生活
  • これからのお金

等に興味がある方は、購入して損がない本だと思います。

 

また僕自身、堀江さん、落合さんに興味があったので、両者の思い描いている未来や、根本的な人生観などが、詳しく記されていた点も非常に興味深かったです。

 

誰しも、これからの技術革新に興味があるかと思いますが、そんな方にぴったりの書籍でした。

お時間があれば読んでみてください。

 

以上「AIで仕事がなくなる?10年後も残っている仕事は?仕事がなくなったらどうすれば!?これからの時代がわかる一冊」

でした。